腰痛について
こんばんは。掛川です。

最近、急性の腰痛の患者さんが多いです。

骨盤や腰の骨がずれていわゆる「ギックリ腰」や「腰痛」になる可能性が高いですが、要はそこが本当の原因でないことがかなりあります。

患者さんの体を検査していますと足首をひねった跡があったり、骨折の跡があったりとケガの影響から体を悪くしている方がほとんどです。

もちろん現在は足首をひねった痛みはありませんし、骨だって折れたものはくっついています。

しかし構造的にはやはり「ずれたまま」になっています。

例えば足首が歪んだままですと、人間は歩いていたり立っていたりする時間も長いですから少しずつ歪みが連鎖して骨盤だったり、腰椎が歪むんですね。

歪みが上のほうへ(全身へ)あがっていくという感じです。

それで腰が痛くなったりします。

こういうケースは、あくまで骨盤や腰の骨のずれは二次的、三次的な歪みですから骨盤や背骨をいきなり矯正しても治療後の何日かはよいかもしれませんが、長く痛みがない状態が続くことは考えにくいと思います。


「私、ねんざしたことないですよ」

とよく言われるのですが、実際はそんなことはないんです。

人間、歩いていれば

「ちょっとした段差で足をひねった」  とか


「子どもころ、オニごっごしていたときにつまずいてころんだ」

ということは覚えていないだけであると思うのです。

そんな大昔のことは関係ないと思われるかもしれませんが、体は覚えているんですね。

歪みとして実際に残っていますからね。

そういった「ちょっとしたこと」を修復しないとなかなか腰痛に限らず、体の痛みはとれてこないと思います。(本来は「ちょっとしたこと」ではなく「かなりの重大なこと」です)

ギックリ腰でタクシーで当院までいらした方が帰りは普通に歩いて帰られたのを見て嬉しかったです。

その方も足首を骨折していました。

それでもまだ7割くらいの回復でしたから、もう何回か施術するとよいですね。



やわらかい土の上を裸足で駆け回れる生活を送ることができたら「歪み」なんて生まれないのだろうな・・・と思います。



掛川カイロプラクティック|浅草・田原町の整体院(肩こり・腰痛・ぎっくり腰・手足のしびれ・顎の歪みなどを解消します) kakegawa-chiro.net
[PR]
by kakegawa-chiro | 2010-11-28 19:54 | 施術のこと
<< ヒートテック おめでとうございます。 >>